「葉山ゆい」を語る大阪でアマゾンギフト券を騙し取る詐欺被害多発

アマゾンギフト券の詐欺被害

「詐欺」という犯罪は他人をだまして、金や品物を奪ったり損害を与えたりすることですが一般的にはお金を騙し取ることを目的とした犯罪です。

そのため詐欺は最終的に架空名義の銀行口座へお金を振り込みさせることでした。

近年ではオレオレ詐欺や融資保証詐欺などさまざまな手口で一般庶民を欺き続けてきましたが、取締る関係省庁も詐欺による銀行振込みの対策を強化し不審な口座は容易に凍結されるようになったのです。

その結果、詐欺被害の常套手段となっていた銀行振り込みからレターパックでの郵送や直接の手渡しなどにシフトしていったのです。

このように詐欺の手法もいろいろな形へと柔軟に変化していますが、現在行われている方法がアマゾンギフト券などの電子マネーを騙し取る方法が主流となりつつあります。

ではこのアマゾンギフト券が詐欺に悪用された事件の一つを検証いきます。

スポンサーリンク

企業のサプライズパーティーを装った詐欺の手口

サプライズパーティー

「サプライズ」というのは驚きだけではなく感動や喜びが倍増する効果的な方法といえるでしょう。

大阪で実在する大手企業サミー株式会社の社長のサプライズパーティーを女性社員である「葉山ゆい」が企画したのです。

サミー株式会社大阪おもてなし女子チームプレゼンツパーティーのご案内

2017年新年交流会&代表取締役里見治紀のサプライズ誕生記念パーティーのご案内

この大阪のサミー株式会社はパチンコやスロットの台を製作する企業であり、その取引先ともなれば「普段からお世話になっている会社」と感じている会社も少なくありません。

そんな会社の女性社員が社長を喜ばせるためのサプライズパーティーを企画することは自然なことなのでしょう。

このパーティーでは交流会と共にビンゴ大会を行う予定となっており、「ビンゴ景品協賛のお願い」についても記載されていました。

ビンゴ景品協賛のお願い初めまして!サミーの葉山ゆいと申します!

この度、2017年新年交流会パーティー実行委員会の実行委員長に任命されましたので、皆様パーティーが終わるまでどうぞ宜しくお願い致します。

同封したご案内はご覧になっていただけましたでしょうか?

今回のパーティーは無料でご招待させていただきます!

私たち主催の初めてのパーティーですので、皆様のご出席心よりお待ちしております。

 

 

このようなパーティーを主催した実行委員長からの一言があり、いよいよ本題となるビンゴ大会の景品を協賛してもらうお願いへと移ります。

今回のパーティーで多くの皆様に喜んで帰って頂けるように、素敵な景品をたくさん用意したいと考えております。私たちの予算だけでは限界がございますので、もしよろしければご支援いただければ幸いです。もちろん強制ではございませんし、パーティーの参加だけでも大歓迎です。
今回の景品は【amazon】サイトにて準備する予定です。ご支援頂ける方はamazonギフト券(Eメールタイプ)を実行委員宛にお送りいただけましでしょうか?

もし可能であれば3万円程支援いただければ助かります

実行委員長:葉山ゆい(サミー株式会社おもてなし女子チーム)

amazonギフト券送付先:party_kikaku@yahoo.co.jp

ビンゴ大会に協賛しアマゾンギフト券を送った取引先

アマゾンギフト券のメール送信

サプライズパーティーのため詳細な内容を確認することはできません。

しかし日頃からお世話になっている企業の社員が開催するパーティーだから支払ってしまう経営者も少なくありませんでした。

アマゾンギフト券を送ったのは取引先4社、計18万円分です。

実際にはこのパーティーは架空のものであり葉山ゆいという人物も実在しません

つまり最初からサミー株式会社の取引先を相手に詐欺を行うために架空のサプライズパーティーのご案内を送付していたのです。

大手企業の女性社員を装った巧妙な詐欺の手口ですが、被害総額はそこまで甚大なものではなっかたのが不幸中の幸いだったのではないでしょうか。

現金の代わりにアマゾンギフト券を騙し取る詐欺

アマゾンギフト券を騙し取る詐欺

アマゾンギフト券などの電子マネーはネットオークションなどを経由することで現金化することが可能です。

ネットオークションで出品されているギフト券って大丈夫?

2017.01.11

しかもメールアドレス宛に送ることができるため銀行口座よりも匿名性が高く、簡単に用意することができます。

そして転売し現金化されれば仲介した犯人を特定することはできません。

つまり犯人からすれば現金よりも安全で効率的に詐欺を行うことができるのです。

現在では出会い系やアダルトサイトの架空請求詐欺などで現金ではなくアマゾンギフト券が悪用される傾向にあります。

そして今回の架空パーティーの協賛として電子マネーのアマゾンギフト券が使用されました。

今後はアマゾンギフト券のような電子マネーが現金の代用品として詐欺に悪用されていくことになるでしょう。

もちろんこのような犯罪には対策が施されることになりますが、完全に阻止することはできず被害者はでます。

確かに電子マネーはキャッシュレスの時代に合った便利なものですが、その反面、詐欺に悪用される格好の標的となっているのです。