アマゾンギフト券を換金する際、古物商の番号が記載されてないところは危険?

古物商の番号が記載されてないところは危険?

最近では、友人や恋人のプレゼントとしてアマゾンギフト券を贈る方が多くなりました。

アマゾンギフト券であればamazon.co.jpの販売品を自由に購入することができます。

amazonではジャンル問わずさまざまな商品が販売されていますので、その人の好みの物を買うことができるためアマゾンギフト券を贈るのは最適です。

しかし、電子マネーをもらってもamazonサイトにお気に召した物が並んでいなければ使う機会がありません。

アマゾンギフト券には短いわけではありませんが有効期限が定められているため、なるべく早く使わないといつの間にか使用期間が過ぎてしまいます。

そうなれば、当然ですが何の価値もない物となりますので使わないと判断した場合は、すぐさま換金してしまうのが打って付けです。

アマゾンギフト券は専門の買取業者で換金することができますから、使わないのであれば売ってしまいお金に替えてしまうべきでしょう。

アマゾンギフト券を換金してもらうにも買取専門業者はネット上に相当な店舗数があるだけでなく、悪質店も紛れ込んでいることから取引業者の選定は慎重に行わなければいけません。

特に古物商許可証を得て運営していない店舗とのやりとりはしないでください。

スポンサーリンク

アマゾンギフト券を換金の際は古物商の番号が記載されているお店を選ぶ

古物商の番号が記載されてないところは危険?
アマゾンギフト券をプレゼントされた経験がある人は多いのではないでしょうか?

贈り物にはもらう側のお気に召した物が最もですが、その人の趣味や好みが分からないと何をあげたら良いのか悩んでしまいます。

とはいえ、適当に選んでプレゼントをしてもいただいた側も困ってしまうでしょうから、アマゾンギフト券は最適な贈り物と言えるでしょう。

アマゾンギフト券であれば、amazonサイトの販売品ならどれでも買うことができます。

amazon.co.jpではジャンル問わず、さまざまな商品が並んでおりますのでお気に入りの物が選ぶことができるでしょう。

しかし、すべての人がamazonで売られている商品を気に入るわけではありません。

その場合、アマゾンギフト券をもらったとしても使うことがなければ保管しておくだけになってしまいます。

アマゾンギフト券には使用できる日数が定められていますので、有効期限が過ぎてしまえば使うことはできません。

そうなららないためにも、amazonでショッピングをしないのであれば換金してしまいましょう。

アマゾンギフト券は専門の買取業者であれば、どのタイプであっても換金することが可能です。

アマゾンギフト券を換金の際は古物商の番号が公式サイトに記載されているお店を選びましょう。

アマゾンギフト券買取業者は古物商許可証を得ていなければいけない

古物商の番号が記載されてないところは危険?
どうして、アマゾンギフト券を換金する上で古物商の番号が自社サイトに表記されている買取業者を選択しなければいけないのでしょうか?

一度お買い上げされた品物は新品状態であっても中古品となり、これらの物はすべて古物と言われています。

アマゾンギフト券は電子マネーではありますが、自分で買ったりもらった物は中古品ですから換金を行うのであれば古物商の許可が必要です。

よって、アマゾンギフト券買取業者は古物商許可証を得てからでなければ運営してはいけませんし、換金も行ってはいけません。

古物商の番号が表記されていない買取業者に換金依頼するとどうなるか?

古物商の番号が記載されてないところは危険?
お持ちのアマゾンギフト券を換金業者に依頼申込する前にお店の公式サイトに古物商許可番号が記載されているか確認してください。

アマゾンギフト券買取の歴史は、まだ浅い状況ではありますがいろいろなお店が出店し始めるようになりましたので、取引業者を選ぶのであれば古物商の番号が表記されているかを見るべきです。

公安委員会が規定していることを無視しているお店が全うな運営をしているわけがありません。

では、古物商の番号が表記されていない買取業者に換金依頼するとどうなるのでしょうか?

取引に関係のない情報を詐取される

古物商の番号が記載されてないところは危険?
アマゾンギフト券を換金してもらう人は買取業者に身分証を提示しなければいけません。

換金した物が盗品や偽造品であった場合に依頼者を特定するために免許証などの身分を明かせる物が必要となるのです。

当然、アマゾンギフト券の額面に関係なく身分証明書を持っていない方は買取業者に換金してもらうことはできないでしょう。

また、アマゾンギフト券買取では身分証以外に提出する物は一切ございません。

しかし、アマゾンギフト券換金業者の中には身分証の写メール以外に情報を騙し取ろうと企んでいることがあります。

中には、全く無関係なクレジットカードの両面の画像を送ってしまったという人もいるのです。

古物商の番号が記載されていない業者に取引に関係のない情報を詐取された方が大勢います。

買取率を低く見積もられる

古物商の番号が記載されてないところは危険?
アマゾンギフト券を換金する上で最も気になるのが買取率です。

買取率によってアマゾンギフト券の換金額が決まりますので、誰もが高い数値のお店を選ぶことでしょう。

しかし、古物商の番号が記載されていない業者を選んでしまい買取率を低く見積もられてしまった人が大勢います。

買取業務を行う上で古物商許可番号を表記するという大切なことを怠っているお店というわけですから、公開されている情報はすべて適当なのです。

中には、アマゾンギフト券の買取率を60%以下にされてしまった人もいます。

換金率60%以下!買取ハンターではamazonギフト券は安値にしかならない

2016.08.25

アマゾンギフト券を詐取された

古物商の番号が記載されてないところは危険?
古物商許可番号を公式サイトに掲げていないアマゾンギフト券換金業者は、悪徳業者である可能性が高いです。

悪質店ではなくアマゾンギフト券買取業は偽りの姿で、実際は詐欺業者であるかもしれません。

古物商の番号が記載されていない業者にアマゾンギフト券を詐取された被害者が大勢います。

これは、絶対に許せる行為ではありませんのでアマゾンギフト券を騙し取られたらすぐに警察に訴えましょう。

古物商の番号が表記されていない換金業者は危険

古物商の番号が記載されてないところは危険?
古物商の番号が表記されていないアマゾンギフト券換金業者との取引は危険だということがお分かりいただけましたか?

アマゾンギフト券買取業者に限らず、利益を出そうとしているお店は古物商許可証を得なければいけません。

また、公式サイトに古物商の番号を掲げ利用者に安全に取引ができることを証明しなければいけないのです。

但し、正当に買取業務を行っているお店であっても古物商許可番号を表記がない場合があります。

古物商の番号が記載されてないところは危険?

以上のようなことが、東京都公安委員会のホームページに掲載されていました。

しかし、4番目の項目に注目していただきたいのですが古物商許可番号が記載されていても悪徳業者である恐れがあるわけですから、取引業者の選定は慎重に行わなければいけません。

お悩みの方必見!amazonギフト券買取店舗の選び方はこうだ!

2016.08.11

ネット上には、アマゾンギフト券換金業者が溢れている状態ですので利用検討者からしますと、どの店舗を選んだら良いかが悩みの種です。

取引を交わす買取業者によってえらい目に遭わされてしまった人は大勢いますから、当サイトを熟知していただければ最悪なケースだけは免れるでしょう。

優良業者を選び取引をしたいのは誰もが同じ考えなのですが、欲が眩んでしまいますとお金に関わる取引事は失敗します。

まずは、冷静に物事を見れる状態になってからアマゾンギフト券換金に挑みましょう。