アマゾンギフト券買取りって身分証以外の提出物はあるの?

身分証以外の提出物

物を換金したい場合は、専門の買取業者で引き取ってもらうことができればお金に替えることができます。

しかし、物を買い取ってもらうには「古物商」の取引上、身分証明書を提出しなければ換金してもらうことができません。

amazonギフト券も現金化することが可能ではありますが、買取業者に免許証やパスポートなどを身分証明をすることができないと、どんな事情があろうとも換金してもらうことができないのです。

しかし、保険証などの写真が付いていない物では取引業者に写メールをしても身分証明として扱いされないことがあります。

それだけでなく、取引業者によって他にも画像を請求されることもあるようです。

アマゾンギフト券買取りって身分証以外の提出物はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

amazonギフト券を売る時は身分証さえあれば問題なし

身分証以外の提出物
取引事には何かしら提出物がありますので、依頼者は指示された物を渡しませんと契約することができません。

もちろん、言われた物を出したくなければ出す必要はありませんが取引ができないでしょう。

要らなくなった物は捨ててしまうことが何よりですが、換金できるのであればお金にしてしまった方が得ではないでしょうか?

オレンジ色の看板でご存知の方が多い大黒屋では、さまざまな物を買い取ってくれますので連日来店客が大変多いです。

大黒屋はどんな物でもというくらい品物を換金してくれますが、amazonギフト券は買い取ることができません。

amazonギフト券買取を大黒屋に依頼したら断られてしまった

2016.05.12
電子マネーのamazonギフト券は有効期限があることから大黒屋では換金は行っていないようです。

amazonギフト券の換金に関しては専門の買取業者ではないとお金にすることができません。

古物商の取引上身分証だけは必要

身分証以外の提出物
お持ちのamazonギフト券を買い取ってもらうには条件があります。

まず第一に無効になっていないamazonギフト券ではないかということです。

先程も申しましたように、amazonギフト券には使用できる期間が定められていますので1日でも過ぎていますとアカウントにチャージすることができません。

アマゾンギフト券買取りをしてもらいたいのであれば、当然使用できる状態ではないと換金してもらうことができないのです。

それともう一つ、アマゾンギフト券買取りをする上で必ず必要になる物があります。

amazonギフト券の現金化を希望されている方の身分証明書です。

古物商の取引上身分証だけは必要となりますので、お持ちでない方はどんな事情であろうとアマゾンギフト券買取りはできません。

アマゾンギフト券買取りでは身分証だけ持っていれば取引はできます。

身分証以外に請求される物

身分証以外の提出物
何度も申してしまいますが、amazonギフト券現金化は免許証やパスポートなどの身分証明書がないと取引をすることはできませんが、業者によっては他に提出物を促すことがあるのです。

これから話すことは、アマゾンギフト券買取りで身分証以外の物を取引業者に渡してしまった人の話します。

どんなに信頼できるアマゾンギフト券買取り業者であっても身分証以外の情報を欲しがる場合は警戒してください。

では、身分証以外に請求される物とは何なのでしょうか?

クレジットカード情報

身分証以外の提出物
アマゾンギフト券買取り業務を行っている店舗に中には元クレジットカード現金化業者だったということもあります。

そのため、クレジットカードの不正利用防止のためとか理解できないことを理由に免許証以外の画像を送らせようとする業者がいるのです。

アマゾンギフト券買取りではクレジットカード情報は一切必要ではありません!

amazonギフト券を現金化をしたい場合、電子マネーをお持ちでなければクレジットカードで購入することから始めなくてはいけないのです。

しかし、アマゾンギフト券買取りは物品の換金ですから対象のEメールタイプと身分証があれば買い取ってもらうことができます。

クレジットカード情報を促すアマゾンギフト券買取り業者とは決して契約を交わさないようにしてください。

身分証を持った自画像

身分証以外の提出物
アマゾンギフト券買取り業者の中には非常にナーヴァスになっているお店もいて身分証だけでは本人確認にはならない場合があります。

他人の身分証を持っていればその人に成りすますことが簡単にできてしまうため、身分証を持った自画像を請求するアマゾンギフト券買取り業者も存在しています。

よって、免許証かパスポートの写真付き身分証明書をお持ちでない方は取引できない業者が出てくることもあるでしょう。

アマゾンギフト券買取り業者の言い分も分かりますが、あまりにも警戒されていると思うと良い取引ができない気がします。

公的な郵便物

身分証以外の提出物
身分証明書の画像を送信したところで、その方のお住まいが不明だと言われるアマゾンギフト券買取業者もいて免許証だと裏面まで写メをさせることもあります。

また、パスポートでは住所が記載されていないため、保険証では裏面に手書きとなっているため住んでいる場所が不明だということから公的な郵便物でお住まいも確認することがあるのです。

郵便物であればなんでも良いというわけではありませんので、アパレルショップなどのダイレクトメールや手書きのハガキなどは無効となります。

申込依頼した時点で公的な郵便物が無ければ取引ができないのかといえば、そんなことはなく身分証さえあれば対応してくれるでしょう。

以上の3点が揃っていないとamazonギフト券を換金しない買取り業者もいるそうです。

身分証以外の物を請求を促された場合は取引しないこと

身分証以外の提出物
以上の物を請求するアマゾンギフト券買取り業者との関わりはおすすめしません。

amazonギフト券の換金は有効期限が過ぎていないEメールタイプや身分証さえあれば取引が成立するのです。

5分で分かるアマゾンギフト券買取サービスとは?

2016.04.27

要らない情報まで収集しようとする店舗は何をしでかすか分かりませんので、身分証以外の物を請求を促された場合は取引しないことが良いのではないでしょうか?

これらの物を必要書類として提出を促す店舗はクレジットカード現金化も運営している可能性があります。

カードのショッピング枠を使った現金化は違法とはなりませんがグレーと言われていることから、いつブラックになるか分かりません。

逮捕されている現金化業者もいますし悪質店も多いので、身分証以外の提出物を促されたときはクレジットカード現金化業者だと判断しても良いでしょう。

中には、来店取引できるamazonギフト券買取り業者もいますが、大半の店舗はネット上にしか存在していないこともありますので、悪徳業者であったら自分の個人情報を悪用されるかもしれません。

そういった最悪なケースを避けるためにも余計な情報を与えることがないようにしてください。

いくら信頼できるお店だと感じましても利用者には実態が見えるわけではありません。

さまざまな個人情報を手に入れるため優良店を気取った巧みな口技で利用者を口説き落とそうとしているだけかもしれません。

お金にまつわる取引には悪徳業者は付き物ですので、利用者からすると非常に邪魔な存在ではありますが不審な点が見つかったり感じたりしたら、商談中であっても取引は中止してください。

安全面が第一優先ですから何かあってからでは大変ですので、アマゾンギフト券買取りの取引前に必要書類事項を確認してから申し込むというようにすると良いでしょう。